スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川雅治・自民議員、同級生が全裸にされても「回りはいじめだと思っていなかった」

http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/04/nakagawa-masaharu_n_7930532.html?utm_hp_ref=japan

私は個人的に「いじめ=差別」と捉えている。例えば江戸時代に圧倒的に人口が多い農民が武士との人口比率を冷静に分析して鍬もって武士相手に一揆起こせば集落単位では制圧可能だと考えている。しかし、徳川幕府は身分制度を巧みに利用し、武士階級に矛先が向かないよう、下々がいがみ合ってガス抜きされることを理想とする社会これがいじめ温存社会で今に続いていると考える。

同和問題に熱心な人は今も続いている主張するであろう。私も否定はしないが、今いじめの主戦場は「主流派の空気をつくる」を悪しき習慣だ。小泉以降派閥が壊され、それ自体は時代のニーズがあったかも知れないが、政党助成金制度が始まり、執行部の空気を読まなければ党からのサポートが得られず政治家として生きて行けない。するとどういうことになるかというと「主流派の空気を読みそれをつくる」能力に長けた安倍チルドレンの登場である。

しかし、この様な社会で「裸の王様(例えば晋三君)」に対して「王様は裸だ(安保法案は憲法違反だ)」というと取り巻きの重臣(安倍チルドレン大西、武藤、礒崎など)にいじめられるのである。つまり日本の社会は道徳的、倫理的に妥当であることより、権力者の空気をよみをその雰囲気を作ることが出来る人間が重用され社会が動いていると考える。

つまり経団連のお金持ちさんの立場からすると、仕事にありつけない若者がホームレス狩りで憂さ晴らししてくれればそれでいいのである。彼らが小泉の規制緩和、安倍のドアホノミクスを歓迎するのは、派遣、パート、アルバイトが本来ならば人口比率で言えば労働組合作って戦えば結構な戦いが出来るはずなのに、江戸時代の農民の如く一揆を起こせず、さらに少数の弱者をいじめてガス抜きをしてもらう、或いは「自己責任」ロジックでつんでもらうことを彼らは望んでいるためで、現状は見事に術中にはまっているというとこか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiropon1966

Author:hiropon1966
twitter @hiropon1966
男性
最終学歴 修士
台湾留学経験あり
趣味は旅行。中国、韓国、タイなど。
あと株式(国内、中国)、商品など投資もやっています。
主な資格 初級シスアド 2級FP技能士 2級中国語検定

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。