スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Puppy linux 3

前回Pen3のFMVにインストールした話をしたが、今回は自作のパーツのあまりで作った2台目のデスクトップPen4に構築した中国語入力について説明する。まずPuppy linux日本語版にはscim anthyという日本語入力環境がデフォルトで入っている。それゆえ中国語入力もscim環境で動作するものをインストールすると切り替えが楽だ。

メニュー>セットアップ>Puppyパッケージマネジャーからsun pinyinが検索できる。他のソフトもありそうだが、私はこれを選択した。でインストールすると中国語入力が可能になる。しかし、デフォルトのPuppyでは中国語フォントが入っていないため、表示されない簡体字が続出する。でさらにフォントを探す。

メニュー>セットアップ>Puppyパッケージマネジャーから今度はwqy-zenhaiで中国語のフォントがヒットすると思う。これ以外にもあるかもしれないが、とりあえず私はこれを使っている。中国語フォントが入力されると、日本語中国語混在文が編集可能になる。ただ以上のソフトは最善とは限りません。参考までです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiropon1966

Author:hiropon1966
twitter @hiropon1966
男性
最終学歴 修士
台湾留学経験あり
趣味は旅行。中国、韓国、タイなど。
あと株式(国内、中国)、商品など投資もやっています。
主な資格 初級シスアド 2級FP技能士 2級中国語検定

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。